妊娠は今でもなにかと危険も多い

Written by arusuran on 09/23/2021 in 妊娠 with no comments.

今でも絶対に安心というわけではないのですが出産というのはお互いに命の危険を伴うものであり、母子ともに健康、問題なし、ということになるのが何よりも大事なことであると言えるでしょう。かなり危険な行為であることは確かであるわけですがそれでも医学の発展によりかなり安全性は高まっていますし、それこそ帝王切開という手段もなくはないわけですから、成功率自体はそれこそ昔とは比べ物にならないくらい高くなっています。

http://www.caphartsnaum.com/

しかし、それでもなお、やはりやはり気になることとしては縁起とか神頼み的なことです。今更非科学的なことではあるのですがやはり安産を祈っての様々な儀式とかそういうものをするという人も少なからずいます。例えば手軽なところでいえば安産のお守りを買ってくるとか祈願をするとかそういうことです。

他にも戌の日のお祝いなんかもあります。これは犬が安産、多産であることにあやかって、妊娠5ヶ月目にあたるときの戌の日に妊婦が腹帯を締めることであり、古くからある風習であるといえるでしょう。こういうこともやってみると精神的にも気が楽になるという部分は少なからずあるでしょう。やることによって科学的な意味があるわけではないですが気の持ちようにはつながります。

Comments are closed.