天然パーマは2WAY楽しむことができる

Written by arusuran on 05/26/2021 in ヘアケア with no comments.

私の髪の悩みは、天然パーマであることです。

トリコレのスパ効果を徹底検証!

どのくらい天然パーマかというと、ドラマ「凪のお暇」の凪のような天然パーマです。

子どもの頃は髪量も多かったため、ひどく膨らんでしまい、ストレートにするためにいつも苦労していました。

私の子どもの頃は、縮毛矯正というものがまだなく、ストレートにするためにはストレートパーマが最短でした。

しかし、あまりにも子どものうちは、ストレートパーマをかけることができません。

仕方ないので、ブラシドライヤーとブラシを使ってストレートにしていました。

思春期に入り、ストレートパーマをかけることができました。

自己流でストレートにするよりは、確かにストレートですが、憧れるようなサラサラヘアにはならず、うねりは残り、髪が伸び始めると、くせが気になって仕方ありませんでした。

20代になり、縮毛矯正と出会いました。

その頃は、半透明の板を髪に貼りつけるという、時間はかかるし、頭は重いしといった、とても大変なものでした。

20代半ば、美容室難民となり、縮毛矯正がかけられなかったため、天然パーマを生かし始めました。

子どもの頃より髪量が減ったため、扱いやすくなっていました。

横や後ろのくせはさほど気にならなかったのですが、前髪のうねりだけは許せませんでした。

やっとの思いで美容室を見つけ、前髪だけ縮毛矯正をかけることにしました。

だけどやっぱり、髪が伸び始めると、くせが気になって仕方ありません。

思い切って縮毛強制をかけることを止めました。

その日の気分で癖をそのままにしたり、ストレートアイロンで伸ばしたりするようになりました。

あんなに嫌だった天然パーマですが、今では2WAYを楽しめるこのくせ毛を有り難く思っています。

時代が時代だったということもありますが、子どもの頃から生かせていれば、お洒落女子になれたのにととても心残りです。

Comments are closed.